気軽に始める健康対策に|水素風呂で体全体がピッカピカに輝くようになる
ウーマン

水素風呂で体全体がピッカピカに輝くようになる

気軽に始める健康対策に

水

ブームの秘密は確かな効果

登場するやいなや一大ブームとなり今や薬局でもスーパーでもスポーツジムでも見かけるようになった水素水。今や誰でも知るワードとなりましたが、水素水の中に高濃度水素水という種類があるのはご存知でしょうか。まず水素水とは読んで字の如く水素がいっぱい入った水で、通常の水に人工的に水素を加えて作られます。その大量の水素が体内のサビである活性酸素と結び付き無害な水に変化し体外へ排出される、いわゆる抗酸化作用をもたらす効果があります。抗酸化作用は細胞の回復を促し内臓機能改善や疲労回復に繋がる為「水素水を飲んでから何となく体調が良い気がする」という図式が出来上がります。高濃度水素水はこの通常の水素水に更に水素を加えて作られる為、非常に効果が高いという事になります。

濃度は高いほど良いのか

確かな効果を得るためには高濃度水素水にも注意点があります。それは水素の濃度です。水素水を手に取ってみると「ppm」という表記をよく見かけますが、これは水素水にどれだけ水素が含まれているか、つまり水素の濃度を示しています。0.8ppmや1.57ppmという単位で書かれ、数値が高いほど濃度が高いという事になります。そう聞くとつい数値がより高いものを選びたくなりますが、なんと水素水を飲んできちんと水素が吸収される限界濃度が1.57ppmだと実験で明らかになっています。それを超える量の水素は水素水の蓋を開けた時や飲んだ後の呼吸で外に出てしまうため、高濃度水素水を選ぶ時は出来るだけ1.57ppmに近い濃度を選ぶと良いでしょう。